かくかくしかじか

かくコト、かくモノ

オトナ初心者が「太筆」を選ぶ時

太筆は三、四千円くらいが手頃らしいけれど

羊毛の太筆

今使用しているテキスト「石川九楊の書道入門」には、「太筆は『四号・中鋒・兼毫』が良く、芯に剛毛の馬、周囲に柔毛の羊を使ったものなら、市販で三、四千円くらいで手頃でしょう」と書かれています。

でも書道を始めたばかりの頃は、初心者なのにいきなり三、四千円のものを買って、自分に合わなかったり、使い方が悪くてすぐに穂先を痛めてしまったらどうしよう?、なんてと思うと、なかなか買う勇気が出ませんでした。

それで、地元の文具店や通販で、「自分にとって手頃な値段」のものを選んで、少しずつ試していきました。そうした中で、気付いた点などを書いてみたいと思います。

石川メソッドで30日基本完全マスター

千円以下

どんなに安い筆でも、「穂先のまとまりが良い」とパッケージに書いてあることが多いです。でもそれは「その価格にしては」ということ。

あまり安いものは、直線を書くときは良いけれど、折れやハネ、曲線などを書く時に、穂先がまとまりにくいなと感じました。


千円〜三千円未満

この価格帯だと、品質の良い筆を見つけやすくなってきます。でもメーカーによって、好みが分かれることも。

あかしや

地元の文具店で多めに揃えている所があり、少しずつ買ってみましたが、柔らかいものが多く、穂先のまとまりも、私はもう少しあった方が好きです。通販でも人気のメーカーのようで、合う方にはきっと良い筆なのだと思います。

呉竹

比較的、穂先のまとまりが良い筆が多いと思いました。買ってみて合わない筆もいくつかありましたが、「双珠」や「寿慶」は、私の手に合っているようで、価格の割に書きやすく気に入っています(どちらも、定価は千円台)。

双珠」(白毛)は、しなやかで、行書に近い楷書や、行書に向き、「寿慶」 (茶毛)は、やや硬めで、楷書に向いているかなという感じがします。

新しい筆を買った時、「双珠」より高くても書きづらかったら(私にとっては)ハズレ、高くても書きやすかったらアタリ、というように、筆を買う時の基準にもしています。もう少し上達したり、書く書体が変わると、その基準も変わってくるのかもしれませんが。

書道を始めて、「予算内で筆をいくつか買ったのに、どれも書きづらい」という方は、試してみてはいかがでしょうか。


三千円〜

「どんな筆が自分に合うのか」が、(少しずつですが)分かってきたようなので、余裕がある時には、少し高めの筆も買ってみるようになりました。

一休園

このメーカーの筆は、文具店ではあまり置いておらず、書道用品店でよく見かけます。「古法」は穂先がきいて墨持ちもよく、とても書きやすいです。ただ、半紙に6文字で書くとやや太く、もっと細身のものがあればいいのになと思います。

純羊毛(=純羊毫)の筆は少し高めですが、きちんと手入れをすれば長持ちし、使い込むほど筆がなじんで書きやすくなってくるそうです。長い目で見れば元が取れるし、長く使っているとだんだん愛着も湧いてきますね。羊毛の書き味が好き、書き味を知ってみたい、という方におすすめです。

直径10.5mm × 穂の長さ44mm